[ TOP | Recently ]

2007-07-19

家のネットワークのmtuを9000で調整したのだが、NEWS5000みたいな古いマシンはしょうがないとして、
VMWareのホストOSがmtu9000で動いているのにbridgeにしてるゲストがmtu9000にできないのはいかがなもんか。

この状態だとnfs mountもできず困ったので

#!/bin/sh

set_mtu1500()
{
	_host=$1
	if ping -c1 -w1 $_host > /dev/null; then
		_macaddr=`arp $_host | cut -f4 -d' '`
		echo $_host $_macaddr
		arp -s $_host $_macaddr temp
		route change $_host -mtu 1500
	fi
}

setmtu1500 host1
setmtu1500 host2
setmtu1500 host3
	:

とかやってごまかすことにした。
しかし nfs の 8kbyte block が 1 packet で読めるのはとても気分がいい。

これいじってて気づいたのだが、OpenBSD の route は tableid の指定ができるようになってた。
プロセス毎に独立のルーティングテーブル使えるようにするのもすぐ出来そうだな。


EOF