::log.2007

[ TOP | Recently ]

毬琳 / XML::RSS::LibXML / AGEIA PhysX / ipv6cp / 調布祭 / Live AKIBA-POP!! / 業務連絡 / E6850 & memtest / NWS-3260 / la fonera plus / なんというNEET / 2007-07-19 / ニセKAME? / md5にハマる / NetBSD の cgd と opencrypto / NetBSD の ctype と proftpd / HiFn 7955/vpn1401 / gpgexe / 同人誌委託コーナー中止 / twitter / BGMに #2 / BGMに / (゚∀゚)ラヴィ! / 2007-04-24 / しごと / らき☆すた / 2007-04-13 / 2007-04-06 / 2007-04-02 / 2007-04-01 / 2007-03-30 / MOSAIC.WAV / メモリ化け

2007-12-13 毬琳


肉まんかってきた。
おいしいんだけど、420円は微妙。
あと店員大杉。このままじゃ半年持たな…

この値段ならもう2〜300円足してちゃんとした定食食べたほうがいい…

2007-12-11 XML::RSS::LibXML

ramiel crashに伴いいろいろ再インスコしまくり。
rss generator に使っている XML::RSS::LibXML を最新にしたら、
以前ちゃんと生成できていたscriptがそのままでは動かなくなっていてはまる。
namespace拡張を厳密に扱われているようで

$rss->add_module('uri' => "http://purl.org/rss/1.0/modules/content/", 'prefix' => 'content');

このように明示的に add_module しないと content:encoded が出力されなかった…
いろいろ修正してここの rss feed も復活。参考の為 scriptsource text を置いておこう。

2007-12-05 AGEIA PhysX


フェイスで¥5,980-だったので買ってみた。
www.ageia.comでユーザ登録したけどloginできなくてSDK落とせねーよ。時間かかるのか?

ところでこれ、linux supportするとか言いつつ結局放置プレイ気味ですかそうですか。

追記:ユーザ登録して3日ほどしたらログインできるようになって、linux用のSDKやら見えるようになって、落とせた。これで使えるかな…

2007-11-27 ipv6cp


→ PPPoE [ses 0xd326] LCP (0xc021), length 16: LCP, Conf-Request (0x01), id 41, length 16
← PPPoE [ses 0xd326] LCP (0xc021), length 21: LCP, Conf-Request (0x01), id 1, length 21
→ PPPoE [ses 0xd326] LCP (0xc021), length 21: LCP, Conf-Ack (0x02), id 1, length 21
← PPPoE [ses 0xd326] LCP (0xc021), length 16: LCP, Conf-Ack (0x02), id 41, length 16
← PPPoE [ses 0xd326] CHAP (0xc223), length 40: CHAP, Challenge (0x01), id 1, Value 〜, Name 〜
→ PPPoE [ses 0xd326] CHAP (0xc223), length 48: CHAP, Response (0x02), id 1, Value 〜, Name 〜
← PPPoE [ses 0xd326] CHAP (0xc223), length 6: CHAP, Success (0x03), id 1, Msg
→ PPPoE [ses 0xd326] IP6CP (0x8057), length 16: IP6CP, Conf-Request (0x01), id 81, length 16
→ PPPoE [ses 0xd326] LCP (0xc021), length 6: LCP, Term-Request (0x05), id 42, length 6
← PPPoE [ses 0xd326] IPCP (0x8021), length 12: IPCP, Conf-Request (0x01), id 1, length 12
← PPPoE [ses 0xd326] LCP (0xc021), length 22: LCP, Prot-Reject (0x08), id 1, length 22
→ PPPoE [ses 0xd326] IP6CP (0x8057), length 6: IP6CP, Term-Request (0x05), id 82, length 6
← PPPoE [ses 0xd326] LCP (0xc021), length 6: LCP, Term-Ack (0x06), id 42, length 6
→ PPPoE PADT [ses 0xd326]

sakura internet を NetBSD の pppoe で繋げようとしたら、上のようになって繋がらなかった。
どうも ipv6cp が悪いっぽいので kernel config から INET6 外してみると、接続できた。

INET6 な kernel のままで ipv6cp を喋らせないようにはできないのか…
if_spppsubr.c は…そうなってないっぽいなぁ。

2007-11-23 調布祭

今日からですな。
http://delegate.uec.ac.jp:8081/club/mma/chofu_festa/
明日のMMA鍋には行こう。ひさしぶりかも。

2007-11-17 Live AKIBA-POP!!

行ってきました。楽しかったぜー。
生ふぃぎゅ@さいこー

2007-11-17 業務連絡

ramiel沈黙しました。HDD逝ったっぽいです。
とりあえずメールだけ受けれる代替マシンを scc.nerv.org (61.192.220.225) に上げました。
pdl の bind を master にして @nerv.org の MX をこいつに向けてます。

ramielのアカウントそのまま移行してあります。sshで入ってmhでメール読むくらいはできます。

2007-11-10 E6850 & memtest

次期主力自宅鯖としてE6850マシンを仮組み。
同価格帯の Core 2 Quad Q6600 と悩んだのだが、消費電力低いし FSB1333MHz にできるし、Quad にしても使い潰せないしで、結局 Core 2 Duo E6850 にした。

Core 2 なので EMT64 はパフォーマンス出ないだろうから NetBSD/amd64 は入れずに
NetBSD/xen を入れ、xenで動かせるものはなるべく統合する方向なのでパワフルなものに。

というわけで何はなくともmemtest86+。
オンボードビデオがメインメモリ喰うのはいいのだが、それがうまくmemtest86+に伝わっておらず、
赤や緑の綺麗な画面でフリーズ…。
起動した瞬間に手動でmemory range設定してok


さすがに3.5Gのmemtestは一周4〜5時間かかるか…1〜2日エージングかな。 と思ったら1時間くらいで終わってた。walltimeの表示が変っぽい。

2007-10-14 NWS-3260



今さらですが、昔某MMA関係者からもらったやつを動かしてみました。NVRAMは死亡風味。
このへん http://www.ascii.co.jp/pb/unixmag-dvd/event/ に持ってきます。

メモリが4Mしかありません。30pinのパリ有りSIMMなので、誰か余らしてたら恵んでください…

2007-08-23 la fonera plus


買ったまま放置していたfonera plusをちゃんといじってみた。
シリアルを継げたのだが、9-KEだとどうも電圧のせいでうまく入力できなかったので、ここを見ながら秋月でMAX232を買ってきてちゃんとしたシリアルケーブルを作る。

というわけで、うまくコンソールが繋がりました。

でもetherが1つしか見えません。kernel config は ae* at arbus? addr ? になってるんだけど、attach してくれなかった。
phyは5つも見えてるけど、どうすればいいんだろう。dualとかquadなetherのドライバ参考にすればわかるかな。調べとこう。

無線LANは、madwifiがMIPSの32bitmodeなドライバをいつまで経っても出してくれないんで、放置。
メールでつっつけば作ってくれるのかなぁ。


RedBoot(tm) bootstrap and debug environment [ROMRAM]
OpenWrt certified release, version 1.1 - built 22:32:28, May 7 2007

Copyright (C) 2000, 2001, 2002, 2003, 2004 Red Hat, Inc.

Board: FON 2201
RAM: 0x80000000-0x81000000, [0x80040290-0x80fe1000] available
FLASH: 0xa8000000 - 0xa87f0000, 128 blocks of 0x00010000 bytes each.
== Executing boot script in 5.000 seconds - enter ^C to abort
RedBoot> load -r -b 0x80041000 fon_kernel.bin
Using default protocol (TFTP)
Raw file loaded 0x80041000-0x802268df, assumed entry at 0x80041000
RedBoot> go 0x80041000
MIPS32/64 params: cpu arch: 32
MIPS32/64 params: TLB entries: 16
MIPS32/64 params: Icache: line = 16, total = 16384, ways = 4
sets = 256
MIPS32/64 params: Dcache: line = 16, total = 16384, ways = 4
sets = 256
picache_stride = 4096
picache_loopcount = 4
pdcache_stride = 4096
pdcache_loopcount = 4
Memory size: 0x01000000
[ Kernel symbol table missing! ]
Copyright (c) 1996, 1997, 1998, 1999, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005,
2006, 2007
The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1989, 1991, 1993
The Regents of the University of California. All rights reserved.

NetBSD 4.99.26 (FONERA) #10: Tue Aug 7 18:07:24 JST 2007
ryo@moveq.lab.nerv.org:/usr/src/sys/arch/evbmips/compile/FONERA
Atheros AR2315
total memory = 16384 KB
avail memory = 13540 KB
mainbus0 (root)
cpu0 at mainbus0: 184.00MHz (hz cycles = 920000, delay divisor = 92)
cpu0: MIPS 4KEc (Rev 2) (0x19064) Rev. 100 with software emulated floating point
cpu0: 16KB/16B 4-way set-associative L1 Instruction cache, 16 TLB entries
cpu0: 16KB/16B 4-way set-associative write-back L1 Data cache
wdog0 at mainbus0: 5 second period
arbus0 at mainbus0
com0 at arbus0 addr 0x11100000 cpu irq 0 misc irq 0: ns16550a, working fifo
com0: console
ae0 at arbus0 addr 0x10500000 cpu irq 2: Atheros AR531X 10/100 Ethernet
ae0: Ethernet address 00:18:84:**:**:**
ukphy0 at ae0 phy 16: Generic IEEE 802.3u media interface
ukphy0: Marvell 88E6060 10/100 5-port PHY switch (OUI 0x000ac2, model 0x0008), rev. 7
ukphy0: 10baseT, 10baseT-FDX, 100baseTX, 100baseTX-FDX, auto
ukphy1 at ae0 phy 17: Generic IEEE 802.3u media interface
ukphy1: Marvell 88E6060 10/100 5-port PHY switch (OUI 0x000ac2, model 0x0008), rev. 7
ukphy1: 10baseT, 10baseT-FDX, 100baseTX, 100baseTX-FDX, auto
ukphy2 at ae0 phy 18: Generic IEEE 802.3u media interface
ukphy2: Marvell 88E6060 10/100 5-port PHY switch (OUI 0x000ac2, model 0x0008), rev. 7
ukphy2: 10baseT, 10baseT-FDX, 100baseTX, 100baseTX-FDX, auto
ukphy3 at ae0 phy 19: Generic IEEE 802.3u media interface
ukphy3: Marvell 88E6060 10/100 5-port PHY switch (OUI 0x000ac2, model 0x0008), rev. 7
ukphy3: 10baseT, 10baseT-FDX, 100baseTX, 100baseTX-FDX, auto
ukphy4 at ae0 phy 20: Generic IEEE 802.3u media interface
ukphy4: Marvell 88E6060 10/100 5-port PHY switch (OUI 0x000ac2, model 0x0008), rev. 7
ukphy4: 10baseT, 10baseT-FDX, 100baseTX, 100baseTX-FDX, auto
ar531x enable wlan
ath at arbus0 addr 0x10000000 cpu irq 1 not configured
arspi0 at arbus0 addr 0x11300000 cpu irq 0 misc irq 2: Atheros SPI controller
spi0 at arspi0: SPI bus
m25p0 at spi0 slave 0: unknown or unsupported device
root on ae0
nfs_boot: trying DHCP/BOOTP
nfs_boot: DHCP next-server: 0.0.0.0
nfs_boot: my_name=fonplus
nfs_boot: my_domain=lab.nerv.org
nfs_boot: my_addr=172.17.4.77
nfs_boot: my_mask=255.255.0.0
nfs_boot: gateway=172.17.4.1
root on 172.17.4.40:/src/boot/fonplus
WARNING: no TOD clock present
WARNING: using filesystem time
WARNING: CHECK AND RESET THE DATE!
Thu Aug 23 07:07:19 JST 2007
Starting file system checks:
Setting tty flags.
Setting sysctl variables:
Starting network.
Hostname: fonplus
IPv6 mode: host
Configuring network interfaces: ae0.
add net default: gateway 172.17.4.1
Adding interface aliases:
Building databases...
Starting syslogd.
Mounting all filesystems...
Clearing /tmp.
Setting securelevel: kern.securelevel: 0 -> 1
swapctl: adding /var/tmp/swapfile as swap device at priority 0
Starting virecover.
Starting local daemons:.
Updating motd.
Starting inetd.
Starting cron.
Thu Aug 23 07:09:14 JST 2007

NetBSD/evbmips (fonplus) (console)

login:

USBは基板にパターンが残ってるだけで使えないし、CPUのクロックもメモリ容量も前のfoneraと同じだし、Etherが2つあってもこれといって遊べる要素はないなぁ…

2007-08-10 なんというNEET


ついに ねんがんの なつやすみを てにいれた!
というわけで本日付けで無事退職できました。
めでたし。

2007-07-19

家のネットワークのmtuを9000で調整したのだが、NEWS5000みたいな古いマシンはしょうがないとして、
VMWareのホストOSがmtu9000で動いているのにbridgeにしてるゲストがmtu9000にできないのはいかがなもんか。

この状態だとnfs mountもできず困ったので

#!/bin/sh

set_mtu1500()
{
	_host=$1
	if ping -c1 -w1 $_host > /dev/null; then
		_macaddr=`arp $_host | cut -f4 -d' '`
		echo $_host $_macaddr
		arp -s $_host $_macaddr temp
		route change $_host -mtu 1500
	fi
}

setmtu1500 host1
setmtu1500 host2
setmtu1500 host3
	:

とかやってごまかすことにした。
しかし nfs の 8kbyte block が 1 packet で読めるのはとても気分がいい。

これいじってて気づいたのだが、OpenBSD の route は tableid の指定ができるようになってた。
プロセス毎に独立のルーティングテーブル使えるようにするのもすぐ出来そうだな。

2007-07-06 ニセKAME?


KAMEのパチモンっぽいのがあったのでゲット。@万世橋交差点のGIGO。

小さい方は簡単にとれたけど大きい方は取れませんでした…

2007-07-06 md5にハマる


/usr/include/md5.h は MD5Init(), MD5Update(), MD5Final()
/usr/include/openssl/md5.h は MD5_Init(), MD5_Update(), MD5_Final()

しかもどちらとも同じ名前で定義してる中身の違う MD5_CTX という構造体を扱うので混ぜるな超危険…
俺の1時間返せ

2007-07-03 NetBSD の cgd と opencrypto


つらつらとcgdのソースを見たけど、やっぱり opencrypto を使った非同期暗号はやってなかった。
というか cgd_crypto.c に 3des とか aes を CPU でベタで処理するルーチンが…。使い回しさえされていない状態。

幸い cgdiodone() から biodone() を呼ぶようになってるので、ここでうまいこともう一段非同期にopencrypto を呼んで、帰ってきた所で biodone() を呼ぶようにしてやればいいのかな。めんどくさいなぁ。puffs で適当なファイ
ルシステム作ったほうが簡単じゃないかという気もしてきた。

2007-07-02 NetBSD の ctype と proftpd

NetBSD で動いてる proftpd の鯖に日本語ファイル置くとなんかまともに動かねーなーと思ってよく調べたら
isspace() に char を渡してたからだった。

EUC なんで char が -1 未満にふっとんで ctype[] の判定配列のおとといの方向を参照していた。
これは大昔 NEWS-OS でもよく見つかったバグだなぁ。

当然 NetBSD の isspace() が悪い…のではなく、呼ぶ側が悪いので、呼んでる所を修正しようとしたが
たくさんあってめんどくさかったので gcc -funsigned-char でごまかしてみる。
予想に反してちゃんと動いたのでこれでいいや。

2007-07-02 HiFn 7955/vpn1401

ゲット。お決まりなのでベンチマーク。赤い部分がアクセラレーション。
NetBSD-current にて hifn を有効にして option crypto (swcrypto無し) で作ればok。
ちなみに NetBSD/i386 AMD-Geode NX 1500 1.0GHz なので CPU はそれほど速くない。

openssl speed -elapsed -engine cryptodev -evp des-cbc des-cbc
engine "cryptodev" set.
You have chosen to measure elapsed time instead of user CPU time.
To get the most accurate results, try to run this
program when this computer is idle.
Doing des cbc for 3s on 16 size blocks: 1736473 des cbc's in 3.01s
Doing des cbc for 3s on 64 size blocks: 455862 des cbc's in 3.01s
Doing des cbc for 3s on 256 size blocks: 115361 des cbc's in 3.01s
Doing des cbc for 3s on 1024 size blocks: 28939 des cbc's in 3.01s
Doing des cbc for 3s on 8192 size blocks: 3621 des cbc's in 3.01s
Doing des-cbc for 3s on 16 size blocks: 101509 des-cbc's in 3.01s
Doing des-cbc for 3s on 64 size blocks: 99510 des-cbc's in 3.01s
Doing des-cbc for 3s on 256 size blocks: 81711 des-cbc's in 3.01s
Doing des-cbc for 3s on 1024 size blocks: 51689 des-cbc's in 3.01s
Doing des-cbc for 3s on 8192 size blocks: 11372 des-cbc's in 3.01s
OpenSSL 0.9.8e 23 Feb 2007
built on: NetBSD 4.99.19
options:bn(32,32) md2(int) rc4(ptr,int) des(ptr,risc2,16,long) aes(partial) idea(int) blowfish(ptr2)
compiler: gcc version 4.1.2 20070110 (prerelease) (NetBSD nb1 20070110)
available timing options: USE_TOD HZ=100 [sysconf value]
timing function used: gettimeofday
The 'numbers' are in 1000s of bytes per second processed.
type             16 bytes     64 bytes    256 bytes   1024 bytes   8192 bytes
des cbc           9244.76k     9693.87k     9812.78k     9845.96k     9856.04k
des-cbc            539.70k     2116.22k     6950.70k    17587.43k    30954.90k

# openssl speed -elapsed -engine cryptodev aes-128-cbc -evp aes-128-cbc
engine "cryptodev" set.
You have chosen to measure elapsed time instead of user CPU time.
To get the most accurate results, try to run this
program when this computer is idle.
Doing aes-128 cbc for 3s on 16 size blocks: 2718783 aes-128 cbc's in 3.01s
Doing aes-128 cbc for 3s on 64 size blocks: 699137 aes-128 cbc's in 3.01s
Doing aes-128 cbc for 3s on 256 size blocks: 177349 aes-128 cbc's in 3.01s
Doing aes-128 cbc for 3s on 1024 size blocks: 43996 aes-128 cbc's in 3.01s
Doing aes-128 cbc for 3s on 8192 size blocks: 5569 aes-128 cbc's in 3.01s
Doing aes-128-cbc for 3s on 16 size blocks: 101418 aes-128-cbc's in 3.01s
Doing aes-128-cbc for 3s on 64 size blocks: 99435 aes-128-cbc's in 3.01s
Doing aes-128-cbc for 3s on 256 size blocks: 77687 aes-128-cbc's in 3.01s
Doing aes-128-cbc for 3s on 1024 size blocks: 51362 aes-128-cbc's in 3.01s
Doing aes-128-cbc for 3s on 8192 size blocks: 11248 aes-128-cbc's in 3.01s
OpenSSL 0.9.8e 23 Feb 2007
built on: NetBSD 4.99.19
options:bn(32,32) md2(int) rc4(ptr,int) des(ptr,risc2,16,long) aes(partial) idea(int) blowfish(ptr2)
compiler: gcc version 4.1.2 20070110 (prerelease) (NetBSD nb1 20070110)
available timing options: USE_TOD HZ=100 [sysconf value]
timing function used: gettimeofday
The 'numbers' are in 1000s of bytes per second processed.
type             16 bytes     64 bytes    256 bytes   1024 bytes   8192 bytes
aes-128 cbc      14466.84k    14867.30k    15085.28k    14969.00k    15158.90k
aes-128-cbc        539.17k     2114.62k     6608.27k    17476.06k    30616.83k

sysctl の kern.usercrypto、kern.userasymcrypto、kern.cryptodevallowsoft あたりで
ユーザランドからは使えなくしたりと動作変更可能。基本的にデフォのままで問題なし。

しかしopensslのコマンドラインは使いにくいなぁ…

2007-06-04 gpgexe

必要(?)に迫られたのでgzexeを改造して gpgexe を作る。

実行時にdecryptしたファイルをプログラム終了後に消すのではなく、execした直後に消したいなぁ。
(sleep 1; rm -Pf ...) & もあんまり美しくないし、何かいい方法はないか。
まぁ /tmp は mfs で、もうだめぽ状態になったらブレーカ落とすからいいか。

どうでもいいけどベースにしたNetBSD(OpenBSD)のgzexeは、圧縮時にtmpにファイルを残したままなんだけどいいのかな。
バグじゃねーの?

2007-05-30 同人誌委託コーナー中止

委託コーナー中止とな…
チェックしたこともないようなジャンルのおもしろい本を見つけたり、
ビッグサイト内でも時間の流れが全く違うかような空間は好きだったのになぁ。

2007-05-22 twitter

今さらですがtwitterにも対応してみました。…人いないよ?

2007-05-19 BGMに #2

MagicalHacker☆くるくるリスク 画像はこっちのほうがイカしてます MOSAIC.WAVメドレー

2007-05-14 BGMに


2007-05-04 (゚∀゚)ラヴィ!


2007-04-24


2007-04-24 しごと

辞めると伝えてみた。引き止められた。まぁこんなもんか。
いろいろ都合があって最短でも6月末だけど、延びそう。

2007-04-17 らき☆すた

この編集は素晴らしい!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm140082 とりあえずループさせつつ音だけ聴きながら仕事。

2007-04-13

円満退社をするにはどうすれば良いかを調べる。

2007-04-06

秋葉でフラフラしてたらいつのまにか500G×2を手にしてた。どうしよう。
bluffsはまだコード出てないのか。とりあえずraid0にしてlfsでも入れて遊ぼう。

2007-04-02


2007-04-01

Plagger に使ってる DB_File が何かの拍子にすぐ物故割れるので
FSDB_File とゆーものを作った。(だいぶ前だけど)

use FSDB_File;
tie my %hash, 'FSDB_File', "./cache";

で $hash{foo} の実体が ./cache/ac/b/acbd18db4cc2f85cedef654fccc4a4d8 となる。

# echo -n foo|md5
acbd18db4cc2f85cedef654fccc4a4d8

# perl -mFSDB_File -e 'tie my %hash,"FSDB_File","./cache"; $hash{foo}="bar\n"'

# cat cache/ac/b/acbd18db4cc2f85cedef654fccc4a4d8
bar

ただし、さしあたって必要無いmethodは作ってないので誰か(ry

2007-03-30

いつの間にか秋月の工事が終わって、おまけに広くて綺麗になってた。

2007-03-25 MOSAIC.WAV

調子のってずっと聞いてたらマジデ洗脳されてきた。
http://www.nicovideo.jp/?next_url=/watch/sm61881
外山恒一やばい。
http://www.youtube.com/watch?v=ccwpbsJsWvM 【都知事選】「政府転覆しかない」「当選したら私もビビる」…外山恒一氏の政見放送(動画あり)
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1174786947/

2007-01-04 メモリ化け

NetBSDなAthlon64x2マシンがたまに落ちると思ったら、どうもメモリが化けてるっぽい落ち方をしている。ログは↓

pool_get(vmmpepl): free list modified: magic=deadbeeb, page=〜

subr_pool.cのPI_MAGIC(deadbeef)がdeadbeebになっている。完璧にメモリだなぁ。

確認にmemtest86+を回してたらテスト3週目で一回だけエラーが出た。すぐに出ない所がいやらしい。

しょうがないので化ける領域を使わないよう細工してごまかすことにする。
uvm_page_physload() から uvm_pagefree() で空きページをフリーリストに登録してる個所で、該当ページは登録スキップさせてみた。強引だなー。
綺麗に書くならば machdep.c から uvm_page_physload() 呼ぶ時に、該当部分以外を分割してphysloadしてやるのが正解だろうが、めんどくさいからいいや。

これでしばらく様子見。
他のアドレスも化けるようであれば、素直にあきらめよう。


EOF